xpe2.jpg

『Extreme Programming Explained: Embrace Change, 2nd Edition』 について、情報が出だした。

以下で少しまとめてみた。

http://www.shos.info/develop/xp/xp.html#column20041215

Principles (原理) が随分替わっている。

他も大分進化しているようだ。

XP に関しては、暫く話題が落ち着いてきていたのが、これでまた議論が再燃するような気がする。

というか、再燃してほしい。

いや、むしろ再燃させたい。

最近の XP (謎) は、「現実的な落としどころ」とかを探り出したりなんかしちゃって、なんというか、大人になってしまったというか、成熟して毒が抜けてしまった感じもある。

すっかり角が丸くなってしまって、なんか、「エクストリームさ」が減ってしまったようだ。

勿論、そうやって現実的になっていくのは、良いことに決まっている。

でも、そのエクストリームさがあちこちで議論を呼び、濃いコミュニケーションを作るきっかけになっていたのは確かなんだ。

そうして、残業や休日出勤を繰り返しつつ必死に開発を続ける多くのプログラマたちに多くの変化を与えていったはずなんだ。

今回 XP に関する議論の原点ともいえる『Extreme Programming Explained』の第二版が出たことで、再びそうしたムーブメントが起こることを期待したい。

ともかく、XP はアジャイルに進化していく。

良い方向に向かっているのは間違いない。

エクストリームさは、少しは減ってしまったかも知れない。

でも「エクストリーム プログラミング」という呼び名は変わらないようだ。

"XP" → "Longhorn" とかにならなくて本当に良かった。

# さて、今回はどなたがこの本を翻訳されるんだろうか。